信託財産総額が1,000兆円を突破(平成28年11月末現在)

平成29年01月24日

一般社団法人 信託協会(会長 池谷 幹男)では、毎年3月末、9月末現在の「信託の受託概況(信託の機能別分類に基づく計数)」をとりまとめておりますが、信託財産総額(速報値)は、平成28年11月末現在で1,000兆円を突破いたしました。

信託財産総額は、昭和61年(1986年)8月に100兆円、平成16年(2004年)4月に500兆円を突破しており、およそ18年間で5倍、30年間で10倍と順調に伸び、史上最高額を更新しています。

ここ数年の信託財産残高の増加要因としては、投資信託等の受託が好調であったことが挙げられます。これは、株式市場が総じて好調であること等がその背景にあると思われます(別添PDF(84KB)ご参照)。

以上

ページのトップへ戻る