信託研究奨励金成果論文

                                                                                                                     
タイトル受贈者
37 国境を跨ぐ不動産投資と課税 辻 美枝
37 信託税制の法的構造の研究−信託の利用可能性の拡大と受託者課税方式へ向けての総合的研究− 喜多 綾子
37 英国における信託を使った原子力発電廃炉スキームと我が国への教訓 長山 浩章
37 香港のREIT市場と不動産バブル 島田 淳二
宮越 龍義
37 受益証券発行信託の機能的可能性 小川 宏幸
37 企業グループと信託 舩津 浩司
37 包絡分析法による日本の銀行における効率性の検証 Baighya El Filali
中東 雅樹
37 信託スキームを活用した農地流動化型ファイナンス(農地REIT)の成立条件 塩澤 修平
芦谷 典子
37 欧州における不動産投資信託とマクロプルーデンシャル政策の可能性 高屋 定美
36 税制と不動産投資信託−平成21年度税制改正の計量経済学的分析− 大野 裕之
林田 実
36 中国信託法における信託財産の独立性および委託者の地位についての比較法的考察−ケベック信託法との比較を中心に− 瀬々 敦子
36 スポンサー企業がもたらすJ-REIT 資金調達活動への影響の研究 永野 護
36 高齢者・障害者施設における利用者の資産保護と運営法人の内部統制 今川 嘉文
36 信託課税の基礎的問題−事業体課税の観点から− 渡辺 智之
36 生命保険信託と課税 野一色 直人
36 フランス信託法における受託者所有権−経済的所有権とわが国物権的期待権との関係− 松田 佳久
36 信託等を通じた資本所得課税・資産移転課税において納税者・課税当局間の紛争の種・程度を和らげる試み 浅妻 章如
36 金融市場間のグループ・依存構造を考慮した大規模金融データの分析手法について 安道 知寛
35 投資主体別パフォーマンスと投資信託 岩壷 健太郎
35 わが国上場投資信託市場の現状と課題:主要国との比較を通じて 原田 喜美枝
35 信託機能による生涯経済保障システムの研究 小野 浩二
35 信託の大航海時代:イングランドからの伝播と変容 溜箭 将之
35 信託契約の成立要件についての覚書 竹中 悟人
35 信託契約の無効・取消基準 −ドイツ組合法に照らした信託の特質の検討− 西内 康人
35 受託者の忠実義務の本質的内容と受託者が負う他の義務との概念的関係についての一試論 田岡 絵理子
35 共済事業の法的課題と運営法人のガバナンス 今川 嘉文
35 固定資産税を活用した地域再生ファンドの可能性 川崎 一泰
35 カンタベリー大権裁判所の検認遺産目録 −ブリストル地域を中心に− 岡部 芳彦
34 目的信託の存続期間の制限とその根拠の再検討 後藤 元
34 信託型ライツプラン導入企業の開示実態と経済的特性 中條 祐介
田中 佳容
34 カナダ法における『制定法上のみなし信託』(statutory deemed trust)とその展開―民事再生型事業再建手続におけるABL担保権者との競合 小山 泰史
34 文化財の保護のための事業執行型公益信託について 大沼 友紀恵
34 今後のわが国債券市場のあり方に関する研究 釜江 廣志
34 信託受容の特性に関する小考―フランスと韓国を素材として 大村 敦志
34 ベンチャーキャピタルの投資行動とパフォーマンスに関する実証分析 内田 交謹
孫   月
34 日本のREIT 市場に関する実証分析―株価と金利の影響及び国際間における連動性の検証 伊藤 隆康
34 大震災からの復興における信託の活用可能性 森田 果
33 家計金融資産における投資信託への資金フローと銀行預金の変動:銀行窓口販売データを用いた実証分析 鯉渕 賢
33 取締役の善管注意義務と銀行の公共性 吉井 敦子
33 信託における不法行為責任 橋本 佳幸
33 マンションの再生における信託的機能の活用について 鎌野 邦樹
33 地場産業の事業承継における信託機能の活用と効果 深浦 厚之
33 信託の受託者機能の機能分化(アンバンドリング)に伴う受託者の責任 天野 佳洋
佐藤 勤
福井 修
33 台湾銀行による「信託預金」の創出と影響−大正時代の金融イノベーションがもたらした日本信託業の発展契機− 久末 亮一
32 公益信託の理論的枠組−私法・公法・租税法からの多元的考察 宮澤 俊昭
32 不動産投資信託における運用報酬の決定要因と影響 吉田 靖
32 税制が家計の投資信託保有に与える影響について 大野 裕之
林田 実
32 大陸法国における信託の受容の在り方について−中国、日本、フランス、ドイツ、ケベック、スコットランド等を比較して− 瀬々 敦子
32 事業再生への信託スキームの活用について−新信託法の利用を含めて− 松尾 順介
田頭 章一
31 日本における家計貯蓄行動の要因分析 前川 聡子
31 近代イギリス遺言信託制度の「土壌」:ケンブリッジ州ウィリンガム教区女性遺言者家系情報の分析 高橋 基泰
31 信託スキ―ムによるコンテンツ・ビジネスに係る知財証券化と機会利得 田口 聡志
山内 暁
恩田 学
31 著作権信託における2つの業法 諏訪野 大
31 信託課税の再検討と多様な信託利用のための税制の提言 岡村 忠生
31 信託と保険の複合的利用の研究 神谷 高保
31 所有権に基づく担保と再建型倒産処理−フランス・フィデュシー法制の視点から− 小梁 吉章

ページのトップへ戻る