投資信託

投資信託は、個人投資家等から集めた資金をまとめて、専門家が投資家に代わって有価証券や不動産などに運用し、その運用成果を投資家に分配する信託です。

信託銀行は受託者として、財産管理機能を発揮して投資信託財産の管理を行っています。

また、信託銀行をはじめ各種金融機関は、顧客の資産運用のニーズの多様化に応えるため、投資信託の窓口販売を行っています。

なお、投資信託には、投資信託委託会社が受託者である信託銀行に運用指図を行う「委託者指図型投資信託」と信託銀行自らの裁量で運用を行う「委託者非指図型投資信託」の2つの形態があります。

投資信託(委託者指図型)の仕組み

投資信託(委託者指図型)の仕組み図

  1. 証券会社・銀行等は、投資信託委託会社から委託を受けて募集活動を行い、投資家から受け取った申込み金を投資信託委託会社に交付します。
  2. 投資信託委託会社は、信託銀行と信託契約を締結し、1の申込み金を信託します。
  3. 投資信託委託会社は、受益証券を発行し、証券会社・銀行等を通じて投資家に交付します。
  4. 信託銀行は、投資信託委託会社の指図に基づき信託財産を株式、債券、不動産などに運用します。
  5. 信託銀行は、解約金・分配金・償還金を投資信託委託会社および証券会社や銀行等を通して、投資家に支払います。

投資信託(委託者非指図型)の仕組み

投資信託(委託者非指図型)の仕組み図

  1. 信託銀行は、直接または証券会社・銀行等を通じて募集活動を行い、投資家から申込み金を受け取ります。
  2. 投資家は、直接または証券会社・銀行等を通じて信託銀行と信託契約を締結します。
  3. 信託銀行は、受益証券を発行し、直接または証券会社・銀行等を通して投資家に交付します。
  4. 信託銀行は、信託財産を株式、債券、不動産などに運用します。
  5. 信託銀行は、解約金・分配金・償還金を直接または証券会社や銀行等を通して、投資家に支払います。

ページのトップへ戻る