生命保険信託

万が一の時に、様々な事情により、その死亡保険金を受け取り、それを管理して適切に引渡すことを任せたいケースもあります。
自分が亡くなったあと、毎月一定額ずつ渡したい、未成年者や障がいをお持ちの方、認知症の方に代わって財産を管理してほしい、保険金を社会に役立ててほしい、このようなニーズに応えるために信託銀行等は保険金を受け取り、あらかじめ決められた人に、決められた方法で管理し、お渡しすることができます。

こんな方がご利用されています

  • ご自身が亡くなった後、遺された方の財産の管理が心配な方
  • 保険金を社会に役立てたい方

概要

あなたの代わりに信託銀行等が“大切なお金”を“大切な人等に”届けます

信託銀行等が生命保険金をあらかじめ決められた方法で管理して、確実にお支払いいたします

生命保険信託とは、信託銀行等が生命保険の保険金受取人となり、万が一の時に、死亡保険金を受け取り、保険契約者が生前に定めたご親族等に、あらかじめ決められた方法で、受け取った保険金により金銭をお支払いするものです。

遺された方の財産の管理が心配な場合や保険金を社会に役立てたい場合などに有効です

生命保険信託では、保険契約者の方が、生前に受取人を定め、その支払い方法を決めておくことができます。
例えば、お子さまが未成年で、死亡保険金を直接受け取っても管理することができない場合、あらかじめ、「毎月、生活費として10万円を子供の世話をしてくれる人の口座に振り込む」と決めておけば、信託銀行等がそのとおりにお支払いいたします。
信託銀行等が管理する財産の一部払出しや支払条件の変更等を行う[指図権者]を併せて決めておくことができますので、このような[指図権者]を決めておけば、より安心して利用することができます。

財産を受け取るご親族がお亡くなりになった場合、その後の受取人を定めておくことができます

現在、信託銀行等が取り扱っている生命保険信託のなかには、例えば、第一受益者を配偶者とし、配偶者がお亡くなりになった場合には、第二受益者をお子さまとするといった具合に、第三受益者まで定めておいたり、第二受益者がお亡くなりになった場合には、その信託は終了し、残った財産は予め指定した公益法人(残余財産帰属権利者)に寄付すると定めておくこともできます。

仕組み

主な関係者

  • 委託者
    生命保険の契約者(被保険者)
  • 受益者
    委託者が指定した財産(保険金)を渡したい相手
  • 受託者
    信託銀行等(死亡保険金受取人)
  • 生命保険会社
  • 指図権者
    受益者の親権者や後見人等

1生命保険の契約者[委託者]は、生命保険会社と生命保険契約を締結します。

2生命保険の契約者[委託者]は、信託銀行等[受託者]と信託契約を締結し、保険金請求権(金銭債権)を信託します。

3生命保険の契約者[委託者]がお亡くなりになった後、信託銀行等[受託者]は、[生命保険会社]に死亡保険金を請求し、[生命保険会社]は信託銀行等[受託者]に保険金を支払います。

4信託銀行等[受託者]は、ご親族等[第一受益者]に金銭を交付します。

5ご親族等[第一受益者]がお亡くなりになった後、信託銀行等[受託者]は、[第二受益者]に金銭を交付します。なお、信託が終了した際に受益者の元に残った財産は、[残余財産帰属権利者]に交付します。

お手続きの流れ

※より詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。

1委託者は、生命保険会社と生命保険契約を結びます

生命保険の契約者[委託者]は、生命保険会社との間で信託契約を締結し、保険金請求権(金銭債権)を信託します。

2委託者は、受託者と信託契約を締結します

生命保険の契約者[委託者]は、信託銀行等[受託者]と信託契約を締結し、保険金請求権(金銭債権)を信託します。この契約において、財産を渡したい相手(ご親族等)[第一受益者]や財産の支払い方法、また、そのご親族等[第一受益者]がお亡くなりになった後に財産の支払いを受ける権利を引き継ぐ方[第二受益者]や財産の一部払出しや支払条件の変更等を行う方[指図権者]、信託が終了した際に残った財産を受け取る方[残余財産帰属権利者]を決めておきます。

3受託者は、生命保険会社に死亡保険金を請求します

生命保険の契約者[委託者]がお亡くなりになったら、信託銀行等[受託者]は[生命保険会社]に死亡保険金を請求します。
請求を受けた[生命保険会社]は、信託銀行等[受託者]に保険金を支払います。

4受託者は、ご親族等にあらかじめ決められた方法により金銭を交付します

信託銀行等[受託者]は、生命保険の契約者[委託者]が生前に定めたご親族等[第一受益者]に、予め決められた方法により金銭を支払います。
生前に定めたご親族等[第一受益者]が障がいをお持ちの方や認知症の方、あるいは未成年者であり、財産の管理が難しいまたはできない、あるいは心配で指図権者を定めている場合、指図権者の指示を受けて、保険金を支払います。

5受益者がお亡くなりになった場合、財産の支払いを受ける権利を引継ぐこともできます

受益者となったご親族がお亡くなりになった後に、財産の支払いを受ける権利を引継ぐご親族等[第二受益者]が予め定められている場合には、信託銀行等[受託者]は、ご親族[第一受益者]から権利を引継いだご親族等[第二受益者]に金銭を交付します。([第三受益者]が決められている場合にも同様にお支払いします。)
なお、財産の支払いを受ける権利を引継ぐ方がいない、または亡くなった場合は受託者の元に残った財産は[残余財産帰属権利者]に交付します。

よくあるご質問

どうして生命保険信託が利用されているのですか?

保険契約者がお亡くなりになった後、遺されたご親族が障がいをお持ちの方や認知症の方、未成年者であるなどにより財産の管理が難しいまたはできない、あるいは心配な場合もあり、このような場合に信託銀行等に死亡保険金の受取・管理と、ご親族等への定時定額などによる金銭の交付を任せることができるからです。

いま契約している生命保険で生命保険信託を利用することはできますか?

いまご契約している生命保険会社が信託銀行等と共同して生命保険信託を取扱っていればご利用いただくことができますが、そうでない場合にはご利用いただくことができません。詳しくは、現在ご契約している生命保険会社にご確認ください。

法定相続人ではない者を保険金受取人[受益者]に指定できますか?

生命保険信託では、法定相続人以外の方を保険金受取人[受益者]に指定することができますので、ご自身の家族以外の方に支払うことができますが、この点は信託銀行等によっては取扱いが異なりますので、直接お問い合わせください。

どのような費用がかかりますか?

一般的には次のような費用がかかりますが、取り扱う信託銀行等によって異なりますので、直接お問い合わせください。(下記のほか、保険会社に支払う費用もあります。)

  • 信託契約を締結する際に支払う費用
  • 信託期間中の事務・管理にかかる費用
  • 信託財産を運用する際に発生する報酬の一部

信託相談所のご案内

信託に関するご相談・ご要望や苦情をお受付いたします。

お問い合わせ先
0120-817-335(無料)
03-6206-3988(携帯電話の場合・有料)
受付時間 9:00〜17:15(土・日・祝などの銀行の休業日を除く)

イチから学ぶ信託

「信託ってなに?」「どのように使われているの?」
など、信託に関する疑問をイチから学べます。

詳しく見る