証券信託

証券信託は、金銭を主に有価証券に運用する目的で設定され、それには特定金銭信託、ファンドトラストなどがあり、金融法人等の資金運用手段として利用されています。

なお、証券信託を利用する法人には、有価証券の簿価分離[※]というメリットがあります。

特定金銭信託

委託者が信託財産の運用方法を具体的に特定するものを特定金銭信託といいます。例えば、有価証券に運用する場合には、その銘柄や株数、価格などを委託者が特定するものです。

ファンドトラスト

信託財産を主として有価証券に運用して利殖を図ることを目的として、委託者がその範囲を指定し、その範囲内で受託者(信託銀行)が運用を行います。信託の引受けの際に信託財産として金銭を受託し、信託終了時には、運用した信託財産のかたちのまま(有価証券等)で受益者に返還します。

[※]
税務上、法人が有価証券投資を行った場合、同一銘柄の有価証券の帳簿価額は通算して損益を計算することとなりますが、証券信託により購入した有価証券の帳簿価額については、法人(委託者兼受益者)が自ら保有している同一銘柄の有価証券の帳簿価額とは通算せず、それぞれ分離して経理処理することができます。これを有価証券の簿価分離といい、この簿価分離によって、その法人(委託者兼受益者)は、信託財産の運用成果を的確に把握できるようになるとともに、自ら保有している有価証券との簿価通算を気にせずに、証券信託を利用して有価証券投資を行うことができます。

ページのトップへ戻る