有価証券の信託

有価証券の信託は、信託の引受けの際に信託財産が有価証券である信託です。有価証券の信託には、委託者の目的により、有価証券の貸付運用(レポ取引)等によって収益をあげることを目的とした「運用有価証券信託」、有価証券の利息・配当金・償還金の取立てや新株の払い込みなどの管理を目的とした「管理有価証券信託」などがあります。

最近では、退職給付信託のほか、企業が役員・従業員に対して、あらかじめ定められた価格で自社株を購入できる権利を与える「ストック・オプション制度」といった多様なスキームに利用されています。

運用有価証券信託(賃貸借型)の仕組み

運用有価証券信託(賃貸借型)の仕組み図

ページのトップへ戻る