調査・研修

信託研究・調査事業

「信託思想の普及」、「信託業の理論と実際との研究」を目的として、信託制度および信託業務に関する法律的・経済的研究ならびに税制面の研究・改善等について、学者・実務家とともに調査・研究を行っています。

信託統計事業

加盟会社の効率的な業務運営に役立てるために、信託に関する諸統計の取りまとめを行い、加盟会社に還元するとともに、必要に応じて、対外発表、信託統計データの当協会ホームページへの掲載等を行っています。

信託研究振興事業

信託研究奨励金制度

当協会では、信託研究の振興を図り、わが国における信託制度の一層の発展を期するため、広く信託について研究し、またはこれから研究に従事する方々に信託研究奨励金を贈呈しております。

信託法寄付講座

当協会では、信託思想の普及と信託研究の振興を図るため、東京大学、早稲田大学および慶應義塾大学に「信託法」の講座を寄付しています。

平成28年度は、東京大学では、法科大学院で4月から8月に信託法の講義が、9月から1月に信託法の演習が行われます。

早稲田大学では、法学部で前期に「信託法T」の講義が、後期に「信託法U」の講義が行われます。また、大学院では、前期に「信託法研究」の講義が行われます。

慶應義塾大学では、秋学期に「信託法」の講義が行われます。

信託研修事業

信託セミナー

加盟会社の職員を対象として、加盟会社に共通する事項、信託業務等について、講演会または研修会を開催し、加盟会社の役職員の知識の取得、業務能力の向上に資することを目的に実施しています。

信託通信講座

加盟会社の職員を対象として、信託業務全般にわたる基礎知識を体系的に習得することを目的に信託通信講座を実施するとともに、全国地方銀行協会等への同講座の提供を行っています。

信託文献センターの運営

信託研究の振興を図るため、昭和48年4月に信託文献センターを設置し、信託に関する内外の文献・資料を収集して、信託に携わる実務家・研究者の閲覧に供しています。

ページのトップへ戻る